【プログラミング独学】RubyとRailsの最短ロードマップを現役エンジニアが徹底解説

【プログラミング独学】Ruby・Railsの最短ロードマップを現役エンジニアが徹底解説

これからRubyやRuby on Railsを学びたいプログラミング初心者や未経験者に向けて、独学のためのロードマップを現役エンジニアが教えちゃいます!

僕もこの方法で、エンジニアとして転職できていますので、試す価値は十分にあると思って下さい。

これからRubyをどうやって学ぼうかを考えている人は、この記事を読むことで、Rubyや Railsの概念や、エンジニア転職までの学習の流れと学習方法が全体的に理解できます。

独学ということから、なるべくお金もかからない、効率的なロードマップとなりますので、あとはこれをしっかり読んで頂き、ご自身の行動に繋げて下さい!

それでは、早速見ていきましょう。

本記事の信頼性

アサルブログの信頼性
Twitterはこちら→ @asalworld

そもそもRubyについて

Ruby

Ruby(ルビー)の説明からとなりますが、(知ってたら読み飛ばして下さい)

Rubyとは、「まつもと ゆきひろ」さんが開発したプログラミング言語です。

日本人が初めて開発したプログラミング言語ということもあり、日本人が学びやすい(理解しやすい)という傾向もあります。

詳しい説明は、以下に公式サイトからの内容をまとめました。

Ruby(ルビー)とは、1995年に一般公開されたオブジェクト指向スクリプト言語です。

このスクリプト言語とは、アプリケーションソフトウェアを作成するためのプログラミング言語のことです。

Rubyの制作者は「まつもと ゆきひろ(通称:Matz)」さんで、製作者自身が好きな言語の一部(Perl、Smalltalk、Eiffel、Ada、Lisp)をブレンドして新しい言語としてRubyが作られました。

また、Rubyは日本で開発されたプログラミング言語の中で、初めて国際規格である「国際電気標準会議(IEC)」で認定されたプログラミング言語です。

https://www.ruby-lang.org/ja/about/

Rubyは、フリーなので、無料で使うことができますし、複製・変更・再配布も可能です。

要は、Rubyを使って自分で開発したものなんかを配布できたりするということですね。

また、Rubyのコードは

  • シンプル
  • 非常に書きやすい
  • 読みやすい

ので、知識の浅いプログラマーやプログラミング未経験者にも導入しやすいプログラミング言語となります。

Ruby on Rails(フレームワーク)について

Ruby on Rails(フレームワーク)

Rubyを調べていると、Railsって良く聞きませんか?

エンジニア間では、Ruby on Railsだと長いので、Rubyと略されます。

RailsとはRubyを使用したフレームワークのひとつです。

フレームワークとは、Webアプリケーション開発で必要となる機能や、基本的な骨組みをまとめた土台のようなイメージです。

あらかじめ完成している土台に、必要最低限のプログラムを書くだけでアプリケーションを作ることができるので、開発スピードが早いというメリットを持ちます。

さて、Railsに話は戻りますが、2004年にデンマークのプログラマーである「デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン」さんによって作られました。

簡単なコードでWebアプリケーションの開発ができるように設計されているため、とにかく「早くサービスが作れる」というのが1番大きいです。

特に、新規サービス立ち上げなどのスタートアップ開発に向いています。

また、JavaScript系の言語(VueやReact)と相性が良いため、それらを組み合わせて開発することも多々あります。

RubyとRailsで作れるものとできること

ソースコード

RubyやRailsで作られている実際のサービスをここでは紹介しておきたいと思います。

  • クックパッド
  • Airbnb
  • スマートニュース
  • クラウドワークス
  • 食べログ
  • 価格.com
  • Twitter
  • Hulu
  • GitHub

これらの中には聞いたことのあるサービスも多いのではないでしょうか?

RubyやRailsを極めることでこんな大企業のサービス開発までできるなんて、夢があります!!

RubyとRailsの独学ロードマップ【エンジニア厳選】

プログラミング学習のロードマップ

ここでは、現役エンジニア+大手プログラミングスクールのRails講師の僕による、独学ロードマップの解説です。

正直、あまり教えたくないくらい、自分でも良いロードマップと思っていますが、僕と同じように独学に苦しむ人のためになれば良いなと思い、公開することを決めました。

ロードマップは以下になります。

  • 【①基礎】無料学習サイトや書籍で基礎をしっかり学ぶ
  • 【②応用】Railsを使ったWebアプリケーション構築を学ぶ
  • 【③実践】自分でWebアプリケーションを開発してみる
  • 【④実務】副業サイトでRails案件を獲得

それでは、1つ1つ細かく解説していきますので、十分に活用してあげてください!

【①基礎】無料学習サイトや書籍で基礎をしっかり学ぶ

ProgateのRubyレッスン

まずは独学始めならProgateのRubyやRailsコースを学ぶことから始めてください。

  • 無料で学べる(月額1,078円税込の有料プランもあり)
  • イラスト付きで初心者でも分かりやすい
  • 楽しく学習ができて挫折しにくい

というメリットがあります。

最初から高度な学習をしていても進めないですし、理解できずイライラするだけなので、最初だからこそプログラミングの楽しさを感じるべきです。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉通り、まずはRubuを好きになってください。

今の段階ではそれだけで十分です。

【②応用】Railsを使ったWebアプリケーション構築を学ぶ

RailsでのWebアプリケーション構築は、以下の2パターンで学べます。

  • ProgateのRailsコース
  • 書籍で本格的なRailsを学ぶ

まず、Progateからです。

ProgateのRailsコース

ProgateのRailsコースでは、途中から有料部分になりますが、

Ruby on Railsのレッスンを全てクリアすると「TweetApp」という「ログイン」や「いいね」ができる、本格的なSNSが出来上がります。

というように、本格的なWebアプリケーション構築が学べます。

Progateを通して、Webアプリケーション構築を少し学んでおくと良いです。

次に、書籍でRailsのWebアプリケーション構築を学習する場合です。

以下の書籍は比較的難しすぎず、簡単すぎずと良いレベルの教材なので、まず基本から応用的な技術を一通り学べます。

Ruby on Rails 6 超入門
価格:¥2,851
プログラミング言語RubyとフレームワークRuby on Rails 6を使った、初心者のためのWebアプリ開発入門書です。「Railsの経験はないけれど、手っ取り早くRailsを知りたい」という人でも挫折しないよう、サンプルを実際に試しながら学べます。
RRuby on Rails 6 実践ガイド
価格:¥3,772
1つの企業向け顧客管理システムを作る過程で、RailsによるWebアプリケーション開発の基礎知識とさまざまなノウハウを習得していきます。各章末には演習問題が設けられているので、理解度を確かめながら確実に読み進められます。

【③実践】自分でWebアプリケーションを開発してみる

プログラムイメージ

ここでは、ある程度、書籍などで基本的なことが学習できている前提となります。

基礎と応用的なことが少しでも理解できるようになれば、自分でWebアプリケーションを実際に開発してみることをオススメします。

自分で、そのサービスの企画からしていきます。

  • どんなサービスを開発するのか?(例:レビューサイトなど)
  • どのユーザーに向けたサービスなのか?(例:10代、20代向けのSNSサービスなど)
  • どんな機能が必要なのか?(例:ログイン機能、お気に入り機能、お問い合わせ機能など)

このように、自分で機能の洗い出しやどのようにサービスを開発していくのかを、まずは手書きでも構いませんのでイメージを掴むことが大切です。

これから、正社員エンジニアになるにしても、フリーランスエンジニアになるにしても、新規サービスの開発は付き物です。

今からでも、新規サービス開発に必要なことをまとめたり、イメージできる力を付けておくと、後から本当に役立ちます。

例えば、お客様との打ち合わせで、その場のアイディアなどが必要な場面などが多々出てきます。

(今はそのイメージが湧きにくいかもしれません。。。)

その時に、お客様に色々な提案をしてあげると、安心感にも繋がりますし、「この人に任せて大丈夫だな」と信頼につながります。

【④実務】副業サイトでRails案件を獲得

プログラミングでお金稼ぎ

ここまで学習できたら、あと足りないのは、実践的なスキル(実務経験)です。

今までは、自分だけのサービスでありましたが、ここからはお客様のサービスを開発していきましょう。

実際にお客様と関わることでしか分からない、楽しさや苦労もあります。

ですが、その結果が初めてお金となって帰ってくる喜びが1番ですね!

まずは、Railsの募集案件を探すことから始めます。

以下のフリーランス案件サイトを活用して、募集されている案件に応募して、Railsの開発を実際に依頼してもらいます。

フリーランスのリモート求人クラウドテック

できるエンジニアになると、100万円以上を1回の開発で稼げたりします。

どんどん経験を積んで、より高い案件をこなして、稼いでいきましょう!!!

まずは、以下のフリーランスサイトに無料会員登録だけでも済ませておきましょう。

【独学に難しさを感じるなら】プログラミングスクールもアリ

正直、独学は難しさもありますし、学習効率も悪く、挫折しやすいため、オススメはできません。

独学がオススメできない理由の記事もまとめていますので、参考にしてみてください。

【現実】プログラミング独学はきついのでやめとくべき6つの理由【エンジニア解説】 【現実】プログラミング独学はきついのでやめとくべき6つの理由【エンジニア解説】

以下は独学のデメリットです。

  • お金はかからないがその期間の収入が無いため結果的に損
  • 誰にも聞けないから理解するのに何時間何日でもかかり、非常に効率が悪い
  • 今自分がどの程度、学習が身についているかの基準が無い
  • 学習方法が正しいかも分からない
  • 正しく知識が身についているかも分からない

そうならないために、プログラミングスクールを受講しておく手もあります。

プログラミングスクールでの学習には、良いことづくしで、短期間での学習に最適です。

  • 分からないところを分かりやすく現役エンジニアに教えてもらえる
  • 現役エンジニアの実際の仕事の話が聞ける
  • 未経験からエンジニアになるために必要なことを直接聞ける
  • 短期間である程度の知識が付くため、すぐに就職・転職ができる
  • 短期間で就職・転職できるため、スクール代の回収が余裕で早い
  • 完全オンラインなので、場所と時間を問わず学習できる
  • 正しい学習方法が分かる

まずは、オンライン完結の無料体験からでも良いので、プログラミングスクールを体験してみると、また違った視点で物事が見えてきますので、ぜひ一度受けておいてください。

完全無料なので、リスクもありませんし、それこそ自分の知らないことを無料でたくさん学ぶことができますよ。

以下は、僕のおすすめするRubyやRailsが本格的に学べるプログラミングスクールです。

実際に、無料体験で雰囲気などを感じた上で、受講するかしないかを決めればOKですよ。

【まとめ】独学でもスクールの無料体験でも良いから、まずは行動

いかがでしたか?

RubyやRailsの独学のロードマップはわかりましたか?

結構厳しい道ではあるので、独学を覚悟を持って取り組むか、

まずはプログラミングスクールの無料体験を色々と受けてみて、自分に合ったスクールで現役エンジニアに教えて貰いながら正しい方法で学習するかの2択です。

もし、最短でエンジニアになりたいなら、プログラミングスクールをオススメしますが、そうでないなら今は無理して受講する必要はありませんよ。

【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など 【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など