【テックブースト】スタンダードコースとブーストコースどちらがオススメ?【講師が解説】

【テックブースト】スタンダードコースとブーストコースどちらがオススメ?【講師が解説】

これからtech boost(テックブースト)を受講しようとしている方で、

  • テックブーストでオススメのコースってどれなの?
  • スタンダードコースとブーストコースの違いは何?

こんな疑問や不安を感じませんでしたか?

テックブーストの公式サイトには、明確にスタンダードコースとブーストコースの違いが載っていないので、わからないですよね。

そこで、現役エンジニア兼プログラミングスクール講師の僕が、テックブーストでの2つのコースについて、徹底解説していきます!

本記事を読むことで、以下のことが詳しく分かりますよ。

  • テックブーストの2つのコースに共通して受けられるサポート6つ
  • テックブーストのスタンダードコースの料金と学習内容【例あり】
  • テックブーストのブーストコースの料金と学習内容【例あり】
  • 結論、エンジニアになるためにスタンダードコースとブーストコースのどちらがオススメ?

テックブーストを受講するか迷っている方には、なるべく料金を抑えた上で、ちゃんとエンジニアになるための理想のプランも紹介していきます。

2分ほどで読める内容なので、ぜひ最後まで読んでください。

本記事の信頼性

アサルブログの信頼性
Twitterはこちら→ @asalworld

目次

そもそもテックブーストには2つのコースがある(スタンダードコース・ブーストコース)

テックブーストのスタンダードコースとブーストコース

一応、知らない人のために説明しておくと、テックブーストには、以下の2つのコースがあります。

  • スタンダードコース
  • ブーストコース

この2つのコースで学べる内容や料金などが違ってくるので、その辺りをもっと詳しく解説していきますね。

ここでは、テックブーストには2つのコースがあることを知っておきましょう。

では次に、テックブーストで2つのコースで共通して受けられるサービスを先に紹介しておきます。

テックブーストの2つのコースに共通して受けられるサポート6つ

プログラミングの操作性・デザイン性

テックブーストでは、申し込んだコースに限らず、受講するだけで以下のサービスを受けることができます。

  1. あなたの目標・目的に最適なコース・メンタリング回数の選択が可能
  2. 現役エンジニアがプログラミング学習を徹底的にサポート
  3. 24時間いつでも質問できるチャット
  4. プログラミング学習以外にも充実したキャリアサポート
  5. オリジナルアプリを0から作れる
  6. 教室に通えばメンター(講師)に直接質問ができる

それぞれについて、詳しく解説していきます。

1.あなたの目標・目的に最適なコース・メンタリング回数の選択が可能!

1.あなたの目標・目的に最適なコース・メンタリング回数の選択が可能!

テックブーストでは、あなたの目的や目標に合わせて、以下の内容を常に最適なプランで提案してくれます。

  • 学習する内容
  • メンタリング回数
  • 学習期間

プロのカウンセラーがいるからこそ、一人一人の細かな要望に沿って、結果を生み出せるプログラミングの学習環境を提供してくれるので、とても信頼できます。

2.現役エンジニアがプログラミング学習を徹底的にサポート!

2.現役エンジニアがプログラミング学習を徹底的にサポート!

他のプログラミングスクールでは、メンター(講師)が学生やスクールの卒業生であることも全然あります。

そんな人からプログラミングを学んだところで、身に付きませんよね。

ですが、テックブーストでは、現役エンジニアが100%なので、安心して受講することができます。

現役エンジニアの知識と知恵をドンドン盗み出していきましょう。

3.いつでも質問できるチャット(24時間受付中)

slack プログラミング質問チャット

基本的に毎日10時〜22時の間で質問すれば、大体5〜10分程度で回答が返ってきます。

分からないことなど、なんでも気軽に質問しましょう。

4.プログラミング学習以外にも充実したキャリアサポート

4.プログラミング学習以外にも充実したキャリアサポート

テックブーストの運営会社であるBranding Engineerでは、エンジニアに特化したキャリアサービス(以下参照)を展開しています。

  • インターン
  • 就職
  • 転職
  • 独立

その背景もあり、卒業後のキャリアの形成をテックブーストのサービスを通してサポートしてくれます。

つまり、無料で就職や転職などのサポートが受けられるということですね。

ただプログラミングが学べるだけではなく、キャリアサポートまで無料でつくのでお得だと思いませんか?

5.オリジナルアプリを0から作れる!

ソースコード

学習期間中に、オリジナルアプリの作成を通して、実務で必要なスキルを身につけることができます。

オリジナルアプリはポートフォリオ(エンジニアとしてのアピール材料)として使うこともできるので、就職・転職活動の際には、有利になります。

6.教室に通えばメンター(講師)に直接質問ができる!

教室に通えばメンター(講師)に直接質問ができる!
  • 平日・祝日15時〜22時
  • 土日13時〜19時

上記の時間帯であれば、常駐しているメンターに直接質問可能です!

オンライン上だと伝わりにくい内容など、実際に聞いてその場で解決することができるので、学習も進みやすくなります。

これらのサービスのおかげで、プログラミングを本格的に学習するにあたって、周りの環境は充実していますので、安心して受講することができます。

公式サイトを見る

tech boost(テックブースト)のスタンダードコース(学習内容と料金)

tech boost 料金プラン

ここでは、まず上記の画像の左側スタンダードコースの料金や学習内容を見ていきたいと思います。

【テックブースト】スタンダードコースの学習内容

テックブーストのスタンダードコースでは、一般的なWebアプリケーション開発に使われるログイン機能や投稿機能などの実装が学べます。

ちなみに、Webアプリケーション開発は、プログラミングの中でも比較的簡単で取り組みやすい内容なので、完全初心者でもオススメのコースとなります。

【テックブースト】スタンダードコースの料金(3・6・12ヶ月)

スタンダードコースの料金は以下の通りです。

入学金 126,500円
基本月額料金 32,780円
メンタリング(月4回) 34,760円
メンタリング(月6回) 52,140円
メンタリング(月8回) 69,520円
教室利用 月額22,000円(利用しない場合は0円)

※基本受講期間は3、6、12ヶ月から選べます。

料金が色々と分かれていて、ややこしいので、例を紹介します。

テックブーストのスタンダードコースの料金プラン例

例)スタンダードコースを3ヶ月受講で、全てオンライン(教室は利用しない)で、月4回のメンタリングで申し込んだ場合。

入学金126,500円 + 基本月額料金32,780円 × 3ヶ月 + メンタリング月4回 34,760円
計259,600円

こんな計算の仕方です。

3ヶ月の学習でこんな充実したサポートが受けられての約26万円はかなり安いです。

エンジニア転職して1ヶ月分の給料で回収ができますね。

他のプログラミングスクールでは、同じ3ヶ月でも60万円くらいするスクールもあるので、テックブーストは本当に安いと思います。

ぜひ一度、無料説明会に参加してみて、より詳しい学習内容や実際に身に付くスキルや、今後のエンジニアとしてのキャリアを相談してみてはいかがでしょうか?

無料説明会は、完全無料でリスクもありませんし、オンラインで気軽に参加もできますよ!

無料説明会で詳しく聞く

tech boost(テックブースト)のブーストコース(学習内容と料金)

tech boost 料金プラン

ここでは、まず上記の画像の右側ブーストコースの料金や学習内容を見ていきたいと思います。

【テックブースト】ブーストコースの学習内容

テックブーストのブーストコースは、受講生自身がアイディアを出すところから、オリジナルのWebアプリケーションを開発することができます。

開発したサービスは、そのままポートフォリオにも利用できるので、仕事の受注や転職活動にも役立てることが出来るので、ありがたいです。

このブーストコースでは、Webアプリケーション開発における一連の作業を全て経験できるので、エンジニアとしての即戦力を高めることができます。

【テックブースト】ブーストコースの料金(3・6・12ヶ月)

ブーストコースの料金は以下の通りです。

入学金 219,780円
基本月額料金 32,780円
メンタリング(月4回) 34,760円
メンタリング(月6回) 52,140円
メンタリング(月8回) 69,520円
教室利用 月額22,000円(利用しない場合は0円)

※基本受講期間は3、6、12ヶ月から選べます。

料金が色々と分かれていて、ややこしいので、例を紹介します。

テックブーストのブーストコースの料金プラン例

例)ブーストコースを3ヶ月受講で、全てオンライン(教室は利用しない)で、月8回のメンタリングで申し込んだ場合。

入学金219,780円 + 基本月額料金32,780円 × 3ヶ月 + メンタリング月8回 69,520円
計387,640円

「ちょっと高いな・・・」を思った方は、メンタリングの回数を減らしてあげることで、もっと安くなりますよ!

ぜひ一度、無料説明会に参加してみて、より詳しい学習内容や実際に身に付くスキルや、今後のエンジニアとしてのキャリアを相談してみてはいかがでしょうか?

無料説明会は、完全無料でリスクもありませんし、オンラインで気軽に参加もできますよ!

無料説明会で詳しく聞く

【結論】スタンダードコースとブーストコースのどちらがオススメ?

プログラミングスクールと独学のメリットとデメリットを解説

tech boost(テックブースト)を実際に受講する場合、どちらのコースを選ぶと良いのか悩むと思います。

これはあくまで、現役エンジニアでプログラミングスクール講師の僕からの意見なので、参考程度にして頂ければと思います。

結論、副業目的の場合はスタンダードコースでもOKですが、エンジニア転職目的の場合はブーストコースがオススメです。

特にエンジニア転職の場合、ブーストコースで以下の点がオススメポイントです。

  • オリジナルサービスの開発がある
  • 0 → 1を経験できる
  • 要件定義など上流工程を経験できる

ブーストコースにはオリジナルアプリの開発がある

エンジニア転職にブーストコースをオススメする一番の理由は、オリジナルサービスの開発ができる点ですね。

オリジナルサービスは、未経験者の実績となり、転職時のアピール材料になります。

実務経験がなくても、「このくらいのレベルのサービスが作れる人」だということを企業に証明できるんですね。

もし、テックブーストでオリジナルサービスを作らないプログラミングスクールの場合は、スクール卒業後に自分でアプリを作る必要が出てきます。

その場合、なかなか質の高いサービスを作れないため、エンジニア転職するまでに時間もかかるし、相当苦労しますよ・・・。

ブーストコースでは0から1を経験できる

自分1人で0からWebサービスを開発する経験は、ほとんどの人ができていないはずです。

テックブーストでは、それが学べるので、開発全体の流れを理解し、自分がどの工程で作業しているという点が理解できます。

実際に、エンジニアとして働く際に必須級のスキルなので、テックブーストでしっかりと学んでおきましょう。

ブーストコースで要件定義など上流工程を経験できる

本来はクライアント(お客様)が居て、何を作りたいか?ヒアリングしていく必要があります。

要件定義は、クライアントが求めていること(やりたいこと)をまとめる作業です。

サービス開発において、最も重要な部分となります。

最初にちゃんと、内容をまとめて、どのような機能にするかを決めなければ、後々になって、

  • 機能の仕様を変更
  • クライアントから言った言ってない問題
  • 変更によるバグの発生

このような問題が起きて、どんどん自分を苦しめていきます。

それを無くすための経験として、テックブーストで練習できるのは、本当にありがたいコースだと思います。

【まとめ】最短でエンジニアになるならブーストコース1択!無料説明会で有益情報を聞こう!

3ヶ月、半年後にはエンジニア転職したい方にとって、テックブーストは非常にオススメです。

なかなか踏み切れず、不安な方は「テックブーストで個別の無料説明会」を利用して、色々質問してみてはいかがでしょうか?

悩むより前に、まずは無料説明会に申し込んで、よりリアルな話を聞いてみることが何よりも大切です!

無料なので、リスクも無く、前向きに検討することができるのでオススメですよ。

ちなみに、無料説明会では、テックブーストの宣伝や営業などはないので安心して下さい。

また、無料説明会を通して、

  • エンジニアにはどんな働き方があるか?
  • どんなプログラミング言語に需要があるのか?
  • プログラミング言語による働き方・稼ぎ方の違い
  • 転職するならいつがいいか?

など有益情報を詳しく教えてくれます。

さらに、あなたの状況や希望をじっくりと聞いてくれて、「こういった方向がいいのでは?」とアドバイスまでもらうこともできます。

これだけの相談ができて無料なので、参加しておかないと損ですよ!

この機会に、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

これからプログラミングを始める方は大勢いますし、すでに学習を始めている方も沢山います。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「今すぐ行動」して、最短でエンジニアになりませんか?

無料説明会はコチラ