【40代未経験向け】プログラマーになるのは無謀?成功するプログラミング学習手順と転職方法

【40代未経験向け】プログラマーになるのは無謀?成功するプログラミング学習手順と転職方法

40代となると、そろそろ貯金を増やしたり、今後の生活のことなどを考えていきたい年代ではないでしょうか?

そんな中で、プログラミングをうまく活用できれば、副業として少しでも収入を得られたり、うまくいけば、今よりも年収アップして転職なんてことも考えられますよね。

ということで、今回は、

  • 40代の方でこれからプログラミングを始めようとしている方
  • 40代の方で今プログラミングを勉強し始めたけど本当にエンジニアやプログラマーになれるか心配…

という方に向けて、「プログラマーになるのは無謀なのか?年齢的にもなれるのか?」という疑問に回答していきます!

また、40代からでもエンジニアやプログラマーになるために、成功するプログラミングの学習方法と転職方法なんかについても、徹底解説していきます。

本記事は、現役エンジニア兼大手プログラミングスクール講師の僕が、徹底的に解説しますので、信頼性のある記事ですよ!

少しでも40代の方がプログラミングを学習するモチベーションや行動を与えるきっかけになれば良いと思っています。

本記事の信頼性

アサルブログの信頼性
Twitterはこちら→ @asalworld

【結論】40代未経験からでもプログラマーにはなれる

プログラムイメージ

さて、結論から解説していきます。

結論から言うと「40代未経験からでもプログラマーやエンジニアになることができます。」

年齢的な問題を心配されている方であれば、その心配は不要です。

そもそも、プログラミングは実力主義なので、年齢も学歴も関係ありません。

子供だろうが、年配の方だろうが、プログラミングができれば重宝されますし、お金もたくさんもらえます。

実際、僕が担当していた受講生さんの中に、40代未経験から、エンジニア転職に成功している方もおられましたし、何なら、60代未経験から、プログラミングで独立された方もいるくらいです。

要は、その人のやる気の問題で、伸びる人はトコトン伸びます。

なので、今からプログラミングを始めるのは遅くないです。

しかし、正しい学習手順を踏まないと、学習だけに時間を取られてしまい、結局いつまでもお金にならず勉強ばかり、嫌になって挫折するパターンも多くあるので、注意が必要です。

【確実】40代未経験がするべきプログラミング学習手順

WordPressのカリキュラムの内容

ここでは、40代未経験がどのようにプログラミングを学習すれば、できるだけ早く、質の良い学習ができるのかを手順を追って解説していきます。

以下がその手順です。

  • 手順①:無料サイトを使ってプログラミングに触れる(1〜2週間)
  • 手順②:プログラミングスクールの無料体験(1週間)
  • 手順③:プログラミングスクールを受講(最低2〜3ヶ月)

これは、あくまで目安なので、人それぞれ、理解度や学習ペースが違う中で、時間の前後はありますので、ご了承ください。

「だいたいこんな感じかぁ」くらいに受け止めてください。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

手順①:無料サイトを使ってプログラミングに触れる(1〜2週間)

Progateプログラミングで人生の可能性を広げよう

プログラミングに触れてみることから始めましょう。

プログラミングを始めて少し触るくらいであれば、Youtubeや書籍、無料のプログラミング学習サイトを使うことから始めて下さい。

Progateやドットインストールでは、基礎中の基礎は学ぶことができますが、奥深い部分までは学びきれないので、書籍の購入やスクールの受講が必要になってきます。

まぁ、まずはプログラミングの基本として、HTML, CSSからの学習をオススメします。

理由として、HTML, CSSはWebであれば、どの言語においても必ず使う言語になるからです。

なので、PHPやRubyやJavaScriptなどを学ぶ前に、HTML, CSSを学んでおきましょう。

下記は、プログラミング未経験からでもプログラミングに入りやすい、学習していて楽しい書籍ですので、こう言うのを最初に取り組んで、まずは楽しみましょう。

最初から難しすぎるのは、気持ち的にも挫折しやすいので、オススメできません。

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座
価格:¥1,243
知識ゼロから体系的に学べる!HTMLとCSSの基本。最新の技術に対応!レスポンシブ、Flexbox、CSSグリッド。手を動かしながら学べる!プロの現場で役立つテクニック。コードの知識からデザインのことまで1冊ですべて学べる!
世界一わかりやすい HTML5&CSS3コーディングとサイト制作の教科書
価格:¥2,948
言語の基本学習からサイト作成と管理までを1冊にまとめた入門書!15レッスンで基礎から一歩ずつ応用まで。レッスン後に成果を試せる練習問題つき。レッスンデータをダウンロードして記述を実践。

ここでは、時間をかけずに、プログラミングを触ってみるだけでいいです。

楽しいと感じれば、そのまま次の手順に進んでください。

特に楽しさも感じないのであれば、向いていない可能性もあると思ってください。

何事も楽しむ気持ちは大切です。

手順②:プログラミングスクールの無料体験(1週間)

テックアカデミー無料体験

次に、プログラミングスクールの無料体験や無料カウンセリングをフルに活用して、受けまくってください。

無料なので、リスクはありませんし、現役エンジニアと話ができたり、プログラミングスクールでの学習カリキュラムの一部を無料で体験できるため、とても刺激になります。

プログラミングスクール選びのことも考えて、比較対象を作るために、必ず複数受けておいて下さい。

とりあえずは、以下の5つから複数もしくは、全ての無料体験と無料カウンセリングを受けてみましょう。

それ以外にも受けてみたい方は、以下の記事に現役スクール講師の僕がオススメするスクールを紹介していますので、こちらから選ぶと良いです。

【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など 【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など

手順③:プログラミングスクールを受講(最低2〜3ヶ月)

プログラミング体験

最後は、プログラミングスクールをガッツリ使用して、学習に最大限の力を出します。

プログラミングスクールの受講料は、相場的に3ヶ月の受講期間で20〜30万円ですが、費用対効果を考えると安いもんです。

後々、スクールの料金は上手くいけば、すぐに回収できますので、自分への先行投資に惜しみなく使いましょう。

実際に受講するプログラミングスクールも、手順②と同様のスクールで問題ありません。

もし、プログラミングスクールの料金に納得できない方には、以下の記事を読むことをオススメします。

【講師解説】プログラミングスクールの料金が高い?費用対効果に目を向けよう【本質】 【講師解説】プログラミングスクールの料金が高い?費用対効果に目を向けよう【本質】

転職活動開始(無料転職サイトをフル活用)

履歴書

最後に、プログラミングスクールの受講と同時に、転職を考えている方は、自分がどんな企業に就職したいかを考えておきましょう。

転職には、基本的に、転職サイトで掲載されている求人から選んで、自分の中で目星をつけておいてください。

その企業の募集要項なんかも確認しておくことで、プログラミングスクールで具体的に何を学習すれば良いかが明確になります。

40代未経験からでもエンジニア転職できる転職サイトは以下になります。

どれも無料です。まずは登録から始めましょう。

会社員を辞めずに副業だけでもOK

また、今の会社を辞めずに、プログラミングは副業として稼ぐことも一つです。

もし副業メインで考えるなら、以下のスキルも必要になってくるので、よくよく考えてみましょう。

  • ITの専門的な知識
  • 実力営業・マーケティング能力
  • コミュニケーション能力
  • 責任感が強く向上心がある
  • 自己管理能力が身についている
  • 案件に対して柔軟に対応できる
  • コミュニケーション能力が高い

会社員をやりつつ、副業をこなすのは、時間がかかり、多くは稼げませんし、結構ハードですよ。

一応、副業の案件が掲載されているサイトを紹介しておくので、自分にできそうな案件があるかを確認してみてください。

【まとめ】40代でも行動する人だけが成功できる

いかがでしたか?

40代からでも、しっかりと行動に移せて、実行していける方であれば、問題なくエンジニアとして活躍できます。

また、活躍できると言うことは、収入も右肩上がりに増えていくでしょう。

まずは、40代を言う年齢の壁を感じずに、プログラミングに挑戦できるか?と言うところですね。

冒頭でも説明した通り、そもそも、プログラミングは実力主義なので、年齢も学歴も関係ありません。

あなたが頑張るだけ、評価されますし、頑張った分だけ稼げるようになります。

それを忘れずに、まずはプログラミングスクールの無料体験や無料カウンセリングをフル活用して、プログラミングを始めましょう!