【講師視点】プログラミングスクール卒業生が会社で使えない3つの理由と価値を示す方法

【講師視点】プログラミングスクール卒業生が会社で使えない3つの理由と価値を示す方法

『プログラミングスクールの卒業生は、実際に就職先の会社で使えない』って本当?

という疑問について、現役エンジニア&大手プログラミングスクール講師の僕から回答させて頂きます。

近年では、プログラミングブームといっても良いほど、人気が出てきましたね。

その中で、プログラミングスクールを受講したいと考えている方も増えています。

しかし、卒業生が使えないなんて知ってしまったら、受講しづらいですよね。。。

ですが、安心して下さい。

結論から言うと、プログラミングスクール卒業生で使えないのは、そもそものスクールに対する考え方から起きる問題で、そこをちゃんと理解できている人は、使える人になれます。

では、『そもそものスクールに対する考え方とはなんでしょうか?』

その辺りから、詳しく解説していきますので、最後まで読んで、プログラミングスクール受講へのモチベーションを上げていきましょう!

【結論】プログラミングスクール卒業生が使えなくなる本質

ストレス

冒頭にもお話した、そもそもの考え方の問題です。

プログラミングスクールを受講する人のほとんどが、以下のようなイメージで受講されているのではないでしょうか?

  • 3ヶ月でエンジニアになれる!
  • プログラミングは簡単!
  • スクールを卒業すれば、副業や独立してたくさん稼げる!

このような気持ちで受講される方は、最終的に、挫折したり、学習についていけなくなり、『卒業生で使えない人』になります。

だって、正直に言うと、プログラミングスクールを卒業しても確実にエンジニアになれるわけでもなければ、プログラミングって意外と難しいですし、学習にそれなりの時間もかかるからです。

このように、『受講前に掲げる理想』と『受講してからのギャップ』に苦しみ、使えない人になるわけです。

プログラミングスクール卒業生が使えないと言われる3つの理由

プログラミング絶望

他にも、世間的に、プログラミングスクール卒業生が使えないと言われる理由もあります。

それが以下の3つです。

  • プログラミングスクールでの学習が全てと思いがち
  • ポートフォリオやオリジナルサービスがありきたり
  • エンジニアとしての実務経験が無い

それぞれについて、細かく説明していきます。

プログラミングスクールでの学習が全てと思いがち

プログラミングスクールでの学習がプログラミングやエンジニアの全てと思っていませんか?

そんなことは微塵もないですよ。

プログラミングスクールでの学習は、あくまで基本的なことです。

基本的なことを学習して、ある程度のサービスやアプリを作れるようになるくらいですね。

なので、奥深く学びたい場合は、更なるスキルアップが必要になります。

例えば、自分でスクールでは学ばなかった機能を調べて実装してみたり、書籍などを購入して、応用的なことを学習するなどです。

スクールで学ぶことは、エンジニアになるなら、できて当たり前のことばかりです。

それを履き違えないようにしましょう。

ポートフォリオやオリジナルサービスがありきたり

ポートフォリオ

プログラミングスクールによっては、ポートフォリオやオリジナルサービス(自分で作りたいもの)を開発することができます。

その中で、みんなが作りそうな、口コミサイトなどのありきたりなサービスを開発することです。

これはエンジニアとしての面接をするときに本当に良くないです。

理由は、多くの募集人数がいる中で、同じようなサービスに目が止まりますか?

採用担当は、色々なものを見てきているので、独自性のないサービスは、あなたのサービスを見ることさえしないこともあります。

また、実際に会社でエンジニアをする場合は、お客様からの依頼で、どれだけ形にできるかと言うアイディア力も多少は必要なので、誰もが考え付かないような、サービスというのがあると良いですね。

まずは、自分のサービスを誰かに見てもらうと言うことを意識しましょう。

エンジニアとしての実務経験が無い

プログラムイメージ

プログラミングスクール卒業生は、実際の案件などをしたことがないので、実務経験というものが0になります。

フリーランスになる場合でも、会社員エンジニアになる場合でも、実務経験は重要です。

実際にお客様とのやりとりをして、開発作業をして、納品する。これを経験したことのある人とない人では、全く違います。

例えば、

  • Aさん:プログラミングスクール卒業生
  • Bさん:プログラミングスクール卒業生+実際の案件をいくつかこなした経験あり

この2人のどちらかを採用する場合、どちらを取りますか?

もちろん後者ですよね。

ということで、実務経験は、必須級となるので、覚えておきましょう。

後ほど、実務経験を積むために、何をするべきかを紹介します。

プログラミングスクール卒業生が使えないと言われないための価値を示す方法

プログラミングスクールで挫折する人の性格

プログラミングスクール卒業生がエンジニアになったときに使えないと言われないためにも、他の人との差別化。

自分の市場価値を上げる必要があります。

以下のことをまずは行動しましょう。

  • スクールでは学ばなかった機能などを自分の手で実装してみる
  • プログラミングスクール卒業後に自分で案件を探して実践する

それぞれについて、詳しく見ていきます。

スクールでは学ばなかった機能などを自分の手で実装してみる

スクール卒業後に、スクールでは学ばなかった機能を自分で調べてみて、実装してみたり、

難しそうだけど、エンジニアになったときに必要だろうなという機能(例えば、自動メール送信機能など)をチャレンジしてみて下さい!

基本的には、普段からどのサービスにも取り入れられる機能は、参考サイトや実装方法が書かれた記事があります。

複数の参考記事を精査しながら、自分でエラーを解決しつつ、取り組んでみましょう!

ちなみに、参考サイトの調べ方は、「言語 機能」です。

例えば、PHPでメール送信機能を作りたい場合、「PHP メール送信機能」という感じです。

実装できたときには、大きな達成感を得ることができますし、大きな経験にもなります。

プログラミングスクール卒業後に自分で案件を探して実践する

実務経験をすぐに積むために、フリーランス案件のサイトに登録してみて、まずは自分にできそうな簡単な案件から 応募してみて、取り組んでみましょう。

レバテックフリーランスの時給案件一覧

簡単な案件でも、バイトよりは時給も良いですし、実務経験も積めるので一石二鳥です。

また、高単価な案件になると、100万円を超えるものもありますよ。

フリーランスのリモート求人クラウドテック

ですが、まずは目先のお金よりも、たくさんの経験を積むことを考えましょう。

単価の高い案件は、既存のフリーランスの方達が、募集してくるので、案件獲得になかなかつながりません。

あえて、フリーランスの人たちが拒むような単価の低い案件に応募することで、プログラミングスクール卒業生でも、比較的早く案件を獲得できます。

まずは、色々な案件を見てみて、自分でもできそうな案件を探して、目星をつけておきましょう。

どれも登録は無料ですので、登録だけでも済ましておいて下さい。

【まとめ】プログラミングスクールを受講するなら卒業後のことも視野に入れて考えよう

いかがでしたか?

「プログラミングスクール卒業生が会社で使えない理由」も含め、プログラミングスクールを卒業してからも何をするべきかが具体的に分かったと思います。

まずは、プログラミングスクールを受講してみることから、行動を起こして下さい。

プログラミングスクールで、まずは無料体験を活用して、実際の学習カリキュラムを体験してみることからオススメします。

いくつかのスクールを受けてみて、比較検討も忘れずに。

【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など 【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など

すでにプログラミングスクールを受講されている方は、卒業してからどうするのかを考えておいて下さい。

まずは、フリーランス案件のサイトに登録して、実務経験を積むことから始めましょう。