【大学やめたい人向け】中退でもプログラミングを始めて人生逆転した話と具体的な方法

大学の退学通知書

今回は、大学を1年で中退していながらも、プログラミングを勉強して正社員エンジニアとして働く僕が、プログラミングのおかげで人生が逆転した体験談です。

また、そのために何をすれば良いか?という具体的な行動方法についても紹介していきます。

もし、大学をやめたいと考えている方であれば、この記事を読むべき内容となっていますので、最後まで読んで下さい!

本記事の信頼性

アサルブログの信頼性
Twitterはこちら→ @asalworld
こんな方にオススメ

大学中退を考えているけどその後に何をすれば良いか分からない方

中退後にエンジニアになる具体的な方法を知りたい方

大学での勉強に意味を感じられない方

学費に困っていて中退して働くことを考えている方

大学卒業した後の将来が不安な方

プログラミングに興味のある方

この記事で分かること

実際に大学を中退してエンジニアとしてどうなったか?

大学生をしている時と比べてどうか?

大学を中退してエンジニアになるための具体的な方法

大学を中退してプログラミングを勉強しようと思った理由

大学の退学通知書

結論から言うと、以下の理由です。

  • 大学が楽しくない
  • 大学での勉強に意味を感じられなかった
  • 大学の学費が無駄に感じた
  • 卒業後に一生会社員でいるのが嫌だった

あなたは、ただ卒業するためだけに単位を取って大学に通っていませんか?

また、卒業後に明確にやりたい仕事があって、勉強していると言い切れますか?

ちなみに、僕はそんなこと考えたこともありませんでしたし、親に言われて大学に進学した。ただそれだけでした。

僕と同じような感覚で大学に行ってる人って多いんじゃないでしょうか?

そんな感情を大学入学後すぐに抱き始めました。

そして、4年も大学に通って、時間とお金を費やしても、すぐに回収できるわけではありませんし、効率が悪く無駄だなと思い、中退を決断しました。

また、中退するとともに、仕事を探さなければいけません。

色々と仕事を調べて行くうちに、現代はIT系の仕事が強い時代になっていて、これからも人類で機械化が進み、どんどん伸びてくる職種ということを知り、プログラミングを選びました。

今では、プログラミングを仕事にすることに以下のメリットを強く感じています。

  • 学歴や職歴や年齢は関係ない
  • 給料や待遇が良い
  • リモートでも仕事ができる
  • ある程度の知識がついたらフリーランスになれる
  • 自分で何かしらアプリやWebサービスを開発できるようになる
  • 実力さえあれば、もらえるお金はどんどん増える

逆にデメリットとしては、挫折する人が多く、最初の学習時間が多くかかると言う点ですね。

でも安心して下さい。

挫折しないためや学習時間を少なくする方法は、後ほど「【必読】プログラミングで人生を変える具体的な3つの方法」で解説します。

【人生逆転】大学中退して約4年後の今の生活と心境

振り込み

現在の僕ですが、大学を中退してから、約4年が経ちました。

仕事としては、エンジニアとして会社員で働きながら、副業で大手プログラミングスクールのメンターとして、年代・性別関係なく、様々な未経験の方達にプログラミングを教えています。

給料面についても、月により変動しますが、最高約85万円、平均しても毎月40〜50万は稼げています。

また、休日はしっかりと休めていますし、周りの友人に比べても、とても余裕のある生活ができています。

そして、仕事自体も、好きで非常にやりがいを感じていて、毎日が本当に充実しています。

大学を中退する前と今で変わったこと

大学在学中に思っていたことと、中退してから変わったことをいくつか挙げてみます。

大学時代:大学が楽しくない…
エンジニアの今:毎日が好きなことをしているだけなのでシンプルに楽しい。

大学時代:大学に通う意味を感じられない…
エンジニアの今:日々新しいことの発見で継続的に勉強意欲が湧く。

大学時代:やりたい仕事も決まらないし分からない…
エンジニアの今:やりたい仕事が明確に決まって、その後も独立やフリーランス、自分のサービス開発などこれからの目標まで具体的にある。

大学時代:このまま大学にいても、何百万もの学費が無駄なのではないか…
エンジニアの今:早々に中退を決断したおかげで、学費分の少し(数十万)をプログラミングスクールに使えて良かったし、今ではスクール代以上に稼げている。

これ以外にも色々とありますが、この心境変化を参考にして、あなたにも大学を辞めてプログラミングを始めることに本当に希望を抱いて欲しく思います。

あなたも1度きりの人生、このように充実した毎日を送りたいと思いませんか?

大学中退からでもこれだけ社会で通用する人材になるために、ただ独学でプログラミングを始めても意味はありませんし、独学では時間もかかります。

そこで、現役エンジニアの僕が、プログラミングに興味のある方と今からプログラミングの学習を始めようとしているけど勉強方法がわからない方に向けて、具体的にエンジニアになるまでの具体的なロードマップを教えたいと思います。

【必読】プログラミングで人生を変える具体的な3つの方法

さてここからが、本記事の醍醐味となります。

僕と同じように大学を中退してから、満足した人生を送りために何をすれば良いのか?

これは、誰しもが思うことではないでしょうか?

本来であれば、僕がプログラミングスクールでのメンターとして受講生さんにお話するような、有料急の内容になりますが、今回はそれをこの記事を読んでくれている人のために、無料でお教えします。

なので、とにかく今から解説する3つの方法を今すぐにでも始めて下さい。

それでは、以下の3つの方法について、解説してきます。

  • 方法①プログラミングで何を作りたいか?とその決め方
  • 方法②プログラミングスクールの無料体験・相談を受けてみる
  • 方法③学習と合わせてWebで就職・転職活動を始める

【方法①】プログラミングで何を作りたいか?とその決め方

プログラムイメージ

これは、プログラミングを始める上で、最も重要な部分です。

そもそも、プログラミングというのは、様々な言語というものがあります。

例えば、以下のような作りたいものによって言語が変わります。

  • アプリを作りたい → Swift, Kotlin, flutterなど
  • Webサービスを作りたい → PHP, Ruby, Javascriptなど
  • ホームページを作りたい → HTML, CSS, WordPressなど

※すでに言語のことまで知っている方であれば、自分の作りたいものの言語を勉強して下さい。

まだ言語についてよく分からない方は、まずは、自分に何(アプリ、システム、ホームページなどなど)を作ってみたいか?という質問をしてみて下さい。

ですが、、、

そんなすぐに自分が何の言語を学びたいかなど分かりませんよね?

僕も初めはそうでした。

ですが、安心して下さい。

そういう時は、自分で考え込んだり、調べたりしていても、中々結論が出るわけではありませんし、難しいことで考えていくうちにモチベーションも下がってしまいます。

そこで、先に次のステップへ進みます。

【方法②】プログラミングスクールで無料体験・相談を受けてみる

エンジニアに相談

まずは、自分に合った学習方法や学ぶべき言語などを現役でエンジニアとして働く方に相談してみましょう!

経験豊富なプロのエンジニアであれば、あなたがどうしたいか?何をやりたいか?などの相談に乗ってくれますし、何の言語がオススメなのかまでも、色々と教えてくれます。

また、とりあえずプログラミングに触れてみるということも大事です。

合う合わないもあるので、いくつかのプログラミングスクールの無料体験を受けてみましょう!

あと、念のため伝えておきますが、学生でも問題なく受けることができますので、安心して下さい。

また、無料体験などを受けてみて、良いところがあれば、そのまま正式に申し込んで本格的に学習をするのも1つでしょう。

プログラミングスクールは、完全にオンラインですので、いつでもどこでも勉強ができます。

では、プログラミングスクールといっても、どこがいいの?という質問になりますよね?

そこで、現役エンジニアかつ大手プログラミングスクールのメンターの僕が、無料体験や無料カウンセリング(相談)ができるプログラミングスクールをまとめてみました。

受けてみないと何も始まらないので、まずは、気になるところがあれば、是非受けてみて下さい!(一切料金はかかりません)

【未経験OK】無料体験や相談ができるプログラミングスクール

ここでは、無料体験や無料カウンセリングをすぐに受けることができるプログラミングスクールのみをまとめました。

なので、どれに申し込んで頂いても、問題無いです。

また、実際に申し込んだ際の料金や受講形態なども詳しくまとめた記事は別にありますので、詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみて下さい!

【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など 【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など

【方法③】学習と合わせてWebで就職・転職活動を始める

プログラミング学習を始めて終わりではありません。最後に就職・転職という難題が残されています。

ほとんどの人が、プログラミングの学習で手一杯となり「学習後に就職・転職活動をすればいいや」という気持ちでいます。

しかし、それは大きな間違いです。

学習と合わせて、毎日10分で良いので、就職・転職サイトを見て、求人を探しておきましょう。

そして、その求人が欲しい人材の条件をよく見ておくべきです。

この時点で、エンジニアになることの求められているレベルや知識というのが大体把握できます。

そうすることで、学習に対する目標も明確化するので、モチベーションアップにもなります。

また、自分で気になった求人をお気に入り登録するなどして、リストアップしておくことで、プログラミング学習終了後に、スムーズに就職活動を開始することができます。

これをしない人がほとんどですので、こういうところで少しでも差をつけておきましょう。

また、就職・転職サイトは必ず複数サイトに登録しておいて下さい。

理由は簡単で、会社によって、使う就職・転職サイトが違うからです。(Aのサイトには無い求人がBのサイトにはあるという状況)

【まとめ】まずは何かしら行動を。

いかがでしたか?

この記事を読んで、プログラミングに対してのイメージ、就職転職などについても、具体的に何をしなければいけないかが見えてきたのではないでしょうか?

いずれにしよ、ここからがスタート地点です。

まずは、行動しないと変わりません。

プログラミングスクールの無料体験や無料カウンセリングから始めましょう。

【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など 【無料まとめ】大学中退エンジニアおすすめのプログラミングスクール10選と料金・受講期間・年齢など

この行動があなたの人生を大きく変えるきっかけになると思って、人生を彩るために自分で切り開いて行ってください。