【2020年無料あり】初心者におすすめの本当に身に付くプログラミングスクール3選!

2020年無料ありの初心者におすすめの本当に身に付くプログラミングスクール

現役エンジニアのアサル(ASAL)です。

いきなりですが、プログラミングスクール選びって、すごい難しいですよね。

「プログラミングスクール おすすめ」とかで調べてみても、色々ありすぎて結局どれがいいんだよ!?!?ってなってしまいますよね(汗)。

そこで今回は、以下のような人のために、未経験から現役エンジニアになった僕が本当に身になる勉強ができるプログラミングスクール3選を徹底解説していきます!

この記事を読むべき人

  • どのプログラミングスクールが良いのか分からない。
  • 本当に身になるプログラミングスクールに通いたい。
  • 初心者でも続けられて意味のある勉強がしたい。
  • 独学でやっていたけどプログラミングスクールで本格的にやろうと考えている。

それでは、今回は初心者の方に向けて、「そもそもプログラミングスクールに行く意味はあるのか!?」というところからお話していきますね!

少しでもプログラミングやったことある人は、「エンジニアの僕がオススメするプログラミングスクール3選」まで飛ばしても大丈夫です!

プログラミングスクールに行く意味はあるのか?

結論から言うと、プログラミングスクールに行く意味は十分にあります。

スクールに行くことで、スキルアップはもちろんのこと、正しいプログラミングの土台が身に付きます。

アプリを作る時やWeb制作をするときには、チームで開発するということが多くあります。

仮に独学で転職できたとしても、間違ったままの知識は、周りに迷惑をかけることになり、もう一度自分の頭の中を整理しなければいけません。

そのような二度手間を防ぐためにも、プログラミングスクールに通うことで、正しい知識と土台を作ることができます。

また、プログラミングスクールに通えば、分からないことをすぐに現役エンジニアに分かりやすい解説を聞くことができるので、自分で調べる無駄な時間を無くすことができますよね。

こういったことから、やはり本気でエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通うべきです。

どれくらいのお金が必要なのか?

プログラミングスクールって、高いコースもあれば、安いコースもあるし、ピンキリなんですよね…。

ですが、今回ご紹介するプログラミングスクールは、比較的安く、効果抜群のスクールを厳選しているので、ご安心下さい!

プログラミングスクール費は確実に取り戻せる

プログラミングスクールにお金を費やすのは、あくまで将来の投資だと考えて下さい!

プログラミングスクールを卒業すれば、確実にある程度のスキルはついていますし、フリーランスとして求人媒体を通じて案件を受注したとしても、一件が数万円〜数百万円まで難易度に応じて、様々な案件があるので、プログラミングスクールでの費用以上に稼ぐことができるんです。

Web制作を受注した場合の費用感は、下記のような感じになるかと思います。

  • 大手企業が発注するWeb制作:300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作:40万円以上
  • クラウドソーシング(フリー案件)のWeb制作:10〜20万円前後

アプリ開発を受注した場合の費用感は、下記のような感じになるかと思います。

  • 通話・メッセージアプリ系:100万~500万円
  • ツール系:50万~300万円
  • ゲーム系:300万~1,000万円
  • SNS位置情報系:500万~1,000万円

また、この他にも正社員として、20代で年収600万〜1,000万円も稼いでる人も普通にいます。

今後、エンジニアに転職しようと考えている方は、初期投資を惜しまず、今を大切にして下さい。

まずはプログラミングスクールで学ぶ言語を決めよう

プログラミングスクールを選ぶ前に、まずは自分の作りたいものに合った言語を選びましょう!※重要

この世の中には、100以上のプログラミング言語がありますが、選び方としては、自分のやりたいことで決めてOKです。

ホームページ作ってみたい人→Web系の言語を学ぶ

アプリ作ってみたい人→アプリ系の言語を学ぶ

「Webが好きな人はWeb系を学び」「アプリが好きな人はアプリ系を学ぶ」たったこれだけです。

エンジニアが不足する理由のほとんどが、「長く続かない」。

なので、続けられる=自分の好きなことを学びましょう!

※なお、需要のない言語はオススメしません。

せっかく勉強しても、世の中に需要が低ければ、お金も稼げません。

もし、まだ何の言語やろうか迷っている人は、無難に有名どころから始めてみるのが良いかなと思います。

  • Web系:JavaScript、PHP、Rubyなど
  • アプリ系:Swift、Unityなど

エンジニアの僕がオススメするプログラミングスクール3選

ここからは、現役エンジニアの僕が2020年現在おすすめするプログラミングスクールをご紹介していきます!

プログラミングスクールの名前を聞けば、他のサイトと被っているスクールもありますが、今から紹介する下記3つのプログラミングスクールが初心者にもおすすめできて、本当に身に付くプログラミングができると考えています。

もし、興味を持って頂けたら、まずは無料カウンセリングで1度スクールの話を聞いてみたり、無料体験授業を受けてみて下さい!

今だけ無料なので、有料になる前に受けておくといいです!

プログラミング教室【Code ViIlage(コードビレッジ)】

Code ViIlage(コードビレッジ)は、JavaScriptをがっつり学べる、フロントエンドエンジニア(Webサイトを作ったり、アニメーションを入れたりするエンジニア)に強いプログラミングスクールです。

少人数クラス制で、小さなスクールですが、一人ひとりの理解度を見ながら丁寧に指導してくれます。

また、フロントエンドに特化した最先端WEBデザインも学ぶことができます。

codeviIlage未経験者に向けた独自の教育体制

数少ないフロントエンドエンジニア養成スクールなので、Web系志望の人には、本当に身になるし、超おすすめです!

ポイントを抑えてみたので、下記を参考に!

  • フロントエンド(Webページ開発)に特化
  • 1クラス10名以下の少人数制
  • オンラインでいつでも質問し放題
  • 最先端の技術・今後伸びる領域を中心に学習
  • 仕事しながらでも通える
  • 実際の案件に近い形でWeb制作ができる
  • 学習意欲や意識の高い人が集まる

僕もフロントエンドエンジニアなのですが、本当にプログラミングするのが楽しいですよ!

Code Villageは無料カウンセリングがあるので、悩むくらいなら、とりあえず1度、無料カウンセリングで自分に合うスクールなのか試してみてはどうでしょうか?

無料の内に、申し込んでおいて損はありません!

ここで見て終わりの人と無料で1度経験するとでは、今後の成長も大きく変わります。

0は何をしても0のままですが、1は10にも100にもなりますよ!

まずは、無料のこの機会に申し込んでみましょう。

CodeVillage公式サイトへ

自宅で学ぶなら【TechAcademy(テックアカデミー)】一択!

テックアカデミーは、4~16週間の短期集中プログラムで学習できるオンライン完結型のプログラミングスクールで、自宅にいながら本格的なプログラミングを学ぶことができます。

特に、在宅で学習をしたい人や、地方在住で東京に通えない人でも気軽に受けることができます。

テックアカデミーのメリットとデメリットを下記にまとめてみました!

メリット

  • オンライン学習ができる 豊富な言語の中から自分にあったコースを選択できる
  • 受講生1人につき1人の現役エンジニアがつく
  • 週に2回、ビデオチャットでもサポートを受けることができる
  • 受講期間が終わってもカリキュラムを見ることができる
  • 連絡をすぐに返答することを徹底している

デメリット

  • 毎日のカリキュラムと課題が多い
  • 現役エンジニアの人によっては分かりにくいことがある
  • チャット対応ができる時間に限りがある(15〜23時までの8時間)

テックアカデミーでは、Web関係からアプリ関係、AIなど、学べる言語も非常に多く、短期間で修得できるようにカリキュラムが組まれていて、確実にエンジニアになりたい方には本当にオススメしたいです!

プログラミングコース一覧

また、テックアカデミーの費用は、他と比べても比較的安く、大体1コース10~30万くらいです。

申し込み時に、どの期間プログラミング学習をするかと学習する言語を決めて、料金を払うシステムになります。

どのくらいの期間が必要なのかは、テックアカデミーの無料体験を受ければ、現役エンジニアに質問し放題なので、これを機に、無料体験を受けて質問しまくっちゃいましょう!

テックアカデミー無料体験

無料体験中は、いくら質問しても無料なので何でも聞けちゃいます!

無料体験を受けてみる

無料体験をもうすでに参加済みの方は、これから本格的にプログラミングを始めていきましょう!

プログラミングスクールに迷っているなら、現役エンジニアの僕がおすすめするテックアカデミーに是非参加して下さい!

現在、テックアカデミーでコース申し込むと、もう1コースが無料でプレゼントされるキャンペーンをやっています!

お金が倍かかるところ、今だけのキャンペーンを利用すれば、1コース分の費用だけで収まります。 無料のキャンペーンが終わる前に、今すぐ申し込んでおくといいですよ!

最短でエンジニアになって、どんどん経験を積んで自分の価値を上げていきましょう!

無料キャンペーンに申し込む

確実にエンジニアになりたいなら【TECH::EXPERT】

エンジニアに転職

プログラミング未経験・初心者でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして確実に転職を目指せるコースとなります。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーが学習から転職までをしっかりサポートしてくれます。

さらに、受講終了後に転職が決まらなかった場合は、受講料を全額返金する返金保証もあるんです。

20代で未経験からエンジニアになりたい方やこれから正社員として 働きたい方、一生のスキルを身に着けたい方など本気で取り組める方には、超おすすめですね!

メリット

  • 講座ごとに料金がかかるスクールとは違い、全ての講座が勉強し放題
  • 転職保証付きなど即戦力のエンジニアになれるスキルが身につく
  • 未経験・初心者でも分かるオリジナル教材とカリキュラム
  • 専用チャットやSkypeでいつでも質問できる
  • 受講開始後、1週間の全額返金保証 受講終了後に転職が決まらなくても、受講料を全額返金する返金保証
  • 知識を詰め込むのではなく実践があるから定着する

デメリット

  • 受講終了後に教材が閲覧できなくなる
  • 現役エンジニアの人によっては分かりにくいことがある

確実にスキルを身に着けて転職したい方には、とても良いカリキュラムです。

まずは、無料カウンセリングを受けてみて、どんなことをするのか、転職についてなど、自分の疑問を何でも相談してみましょう!

無料カウンセリングに申し込む

まとめ:今回の中で僕の1番のオススメは…

現役エンジニアの僕が初心者におすすめする3校のプログラミングスクールについて、まとめてみました。

どのスクールも20~30万円くらいかかりますが、他のプログラミングスクールよりは安く、スキルも本当に身に付くので、実際に通ってしまえば、簡単に回収できるはずです。

記事中にも少し紹介しましたが、Web制作やアプリ開発を受注した場合の費用感は、下記のような感じになるかと思います。

  • 大手企業が発注するWeb制作:300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作:40万円以上
  • クラウドソーシング(フリー案件)のWeb制作:10〜20万円前後
  • 通話・メッセージアプリ系:100万~500万円
  • ツール系:50万~300万円
  • ゲーム系:300万~1,000万円
  • SNS位置情報系:500万~1,000万円

このように、プログラミングスクールにお金を払っても、確実に回収していけることが分かるかと思います。

実際、僕の周りでもフリーランスとして案件を受注し、それだけで生活している人は、山程います。

1ヶ月に確実に1案件受注することができれば、それだけで数十万円なので、普通に生活できるんです。

ここで、読むだけで終わりなのか行動するかで今後のあなたの人生が大きく変わるのは間違いありません。

無料のうちに、自分に合うかだけでも試してみてはいかがですか?

ちなみに、僕が1番オススメするのは、テックアカデミーです!

利用者もダントツに多く、初心者からでもしっかり身になり、エンジニアとして生きていけると思います!

まずは、騙されたと思って無料体験を受けてみませんか?

あなたの人生が大きく変わる大きな一歩になると思います!

無料体験を受けてみる

今回紹介したプログラミングスクール3選

未経験から4ヶ月間で人生を変えるプログラミングスクール【CodeVillage】

【TechAcademy】※1週間の無料体験あり★★★オススメ!!!

【TECH::CAMP】※転職できなかったら全額返金制度あり★★★オススメ!!!

他にもこんな記事があります!