簡単!WordPressで現在のページ数と全ページ数を表示・取得する方法

現在のページ数と全体のページ数の表示

アサル(ASAL)です!

今回は、WordPressでアーカイブページやカテゴリーページなどのブログ一覧ページで、現在のページ数や全ページ数を表示したい時に、すぐに使えるソースコードをご紹介します!

この記事で出来ること

・現在のページ数を表示

・全ページ数を表示

・上2つを両方表示

・テキストも入れてみる

「何ページあって、今は何ページにいるのか」これを表示させることによって、ユーザビリティが向上し、サイトの利用がしやすくなります!

ユーザーの離脱減少にも繋がりますね!

それでは早速、見ていきましょう!

現在のページ数を表示

現在のページ数だけを表示する場合は、下記のソースコードになります。

<?php
  // 現在のページ数を取得
  $current_pgae = get_query_var( 'paged' ); $current_pgae = $current_pgae == 0 ? '1' :
  $current_pgae; echo '<p>' . $current_pgae . '</p>';
?>

全ページ数を表示

全ページ数だけを表示する場合は、下記のソースコードになります。

<?php
  // 全ページ数を取得
  $max_pages = $wp_query->max_num_pages ;
  echo '<p>' .$max_pages . '</p>';
?>

現在のページ数と全ページ数を表示

このパターンが1番使い勝手も良く、便利なのではないでしょうか?

現在のページ数と全ページ数を表示・取得する方法は、下記のソースコードになります。

<?php
  // 現在のページ番号を取得
  $current_pgae = get_query_var( 'paged' );
  $current_pgae = $current_pgae == 0 ? '1' : $current_pgae;
  echo '<p>' . $current_pgae . '</p>';

  // 全ページ数を取得
  $max_pages = $wp_query->max_num_pages ;
  echo '<p>' .$max_pages . '</p>';
?>

これを使う場合は、数字だけになってしまうので、少し見づらいかもしれません。

できれば、スラッシュを入れたり、テキストを入れて、見やすくしたいですよね?

では最後に、テキストなどを入れてみましょう!

テキストを入れてみる

<?php
  // 現在のページ番号を取得
  $current_pgae = get_query_var( 'paged' );
  $current_pgae = $current_pgae == 0 ? '1' : $current_pgae;
  echo '<p>現在' . $current_pgae . 'ページ目</p>';

  // 全ページ数を取得
  $max_pages = $wp_query->max_num_pages ;
  echo '<p>全' .$max_pages . 'ページ</p>';
?>

テキストを入れる場合は、pタグの前後に任意のテキストを入れるだけになります。

お好みで、変更して頂いて問題ないので、自分だけのユーザビリティを作りましょう!

まとめ

いかがでしたか?

ソースコードの量も少なく、初心者でも使いやすいかと思います。

ページ数が増える場合には、ぜひ導入してみて下さい!

他にもこんな記事があります!